法人カードの利用状況の可視化と制御を可能にしたクラウドサービスで
経費が見える、経費を見守る、経費を活かす

  • そろそろ経費精算でキャッシュレスを検討したい
  • 法人クレジットカード、法人デビットカードを活用したい
  • カード利用ルールの徹底や誤使用が心配…
  • 電子明細の活用で領収書不要に…

経費精算、どうしていますか?

役員の一部が会社から配布されたカードを利用している企業は多いようですが、役員以外の従業員がカードを持つことはまだまだ一般ではなく、従業員の経費は、個人立替しているケースが多く見受けられます

会社あるいは部門用経費

項目および支払方法 請求書による銀行間送金 法人カード
インターネット関連サービスサブスクリプション費用 ✔️ ✔️
備品・消耗品 ✔️ ✔️
交際費
通勤費定期代
出張費用 ✔️(旅行代理店経由)
交通費

従業員費用

項目および支払方法 個人立替*1 交通系ICカード
(法人貸与)
電子マネー 法人カード 仮払
インターネット関連サービスサブスクリプション費用 ✔️
備品・消耗品 ✔️ ✔️
交際費 ✔️ ✔️
通勤費定期代 ✔️ ✔️
出張費用 ✔️ ✔️
交通費 ✔️ ✔️

*1 個人立替は、現金、交通系ICカード、キャッシュレス決済あるいは個人クレジットカード

株式会社佐山経済研究所調べ

法人クレジットカードのメリット VS 利用管理ができない不安感

もしも従業員が会社から配布されたカードで経費を精算すると…

  • 立替金の振込手数料を削減できる
  • 経費精算システムとの連携で効率化が進む

  • 電子明細利用で領収書が不要になる

  • 従業員の現金立替の負担が減る

  • 履歴が残り追跡ができる経費マネジメントが実現する

と私たちは考えています。
もしも経費マネジメントにご興味ある方はこの先もぜひお読みください!

しかし、一部役員だけでなく、多くの従業員にカードを配布するとなると
不正利用、誤使用、利用ルールの徹底に不安がある方も多いはずです。

そこで弊社が開発したのが、 (コントロールプラス)

クレジットカードの決済ネットワークのAPIを利用し、法人向けに経費の利用状況の可視化と制御を可能にした PCIDSS 準拠のクラウドサービスです。

Control+が目指すもの

1.経費が見える

経営層、管理者、利用者
それぞれの立場に応じた
見える化が進みます。

2.経費を見守る

適切な経費利用を支援します。
使いすぎ、誤使用、
不正利用予防につながります。

3.経費を活かす

経営層・管理者には安心を。
現場にモチベーションを。

Control+活用例

  • 出張するときだけカードを利用できるように設定

  • 土日は使用不可に設定

  • Amazon Business だけ利用可能に

  • これらすべてがウェブサイト上で可能です。
  • 電子明細データ取得もお任せください。

Control+ 提供機能 (2020年1日1日現在)

  1. 利用金額・用途・利用日時をセルフコントロール
    • 利用限度額の警告と拒否★
    • 1回・時間・日・月・四半期・年間毎の 利用金額の警告と拒否★
    • 利用期間のコントロール
    • 曜日・時間帯・利用国・加盟店業種のコントロール
    • 複数クレジットカードの合計金額制御・一括制御★
    • 1円初期設定のよる既定利用制限★
  2. 利用が発生した時点のリアルタイム通知とデータ連携
    • オーソリ時通知(拒否時も通知)
    • クリアリングデータの連携
  3. 他システムへの API 連携とチャット機能提供
    • 経費精算システム申請や予算と連携★
    • SNS とのチャット連携★

★印はAPIと弊社独自のロジックを組み合わせたオリジナル機能

※特許出願中
※Control+は株式会社佐山経済研究所の商標登録です。